Mouf.'s Blog
moufdot.exblog.jp
Top
■ リジットカラーの良さと欠点
2011年 01月 24日 |
なかなか ブログのほうも おろそかになりがちなので 朝から書けるときは
パソコンと友達になりますー

昨日 JETTAに リジカラを 装着したのですが この部品の良さと
弱点を 少しだけ書いていきますね

d0173404_1446997.jpg

まずは 良さの方からですが 

当然 マウウントとかサブフレームを 本体に接続してる ボルトの遊びを
このカラーによって押さえてあげます
大きな遊びではないのですが 基本ボルトが入れやすいように 個体差は
あるものの 余裕があるのです!
どんなに強く締め上げても ズレは出るかもしれません。
なかなか 体感まではできないかもしれませんが 路面の状況と
車体がうける入力を そのまま感じることができたような気がしましたよ。
細かいことですが アライメントをとっても シビアに言えば 乗れば
ズレはでてきます  
この カラーで そのズレを 解消できるはずです!
JETTAに 関しては フロントのバネレート を 8キロ にして 少しだけテンションを
かけてあげてます 元の感じでは 少しソフトでした
装着後は 簡単に言えば タイヤの扁平薄くしてあげて エアーを張った感じに
おもえましたねー
スポーツ走行における使い方には 必ずいい物だと納得しました。。。

さて 弱点なんですが 

物を売る人間が 書くのはどうかと思いますが 笑

良さでも書いたように 路面の状況と車体がうける入力を ダイレクトに
受ける。
これが 欠点でもあります。
なぜなら 現在使用されてる 足回りなどで ストローク量が 足らない場合
に使用すると 微振動が すごく気になるように なるとおもいますよ
入力は必ず どこかに逃げようとするので 乗ってる方にまともに
感じると思います。

少し脱線しますが 本体を 補強してくことも同じです!
足の動きを 限界まで出して いくための 補強だと僕は思います
見た目も大事ですが 本来動くところを 殺してしまっては 
ストレスが 溜まってしまうので 楽しいカーライフには ならないかと。。。
両立させることは とっても大きな課題ですねー

偉そうなことばかり書きましたが 僕自身 この課題が クリアーしてるかと
言えば まだまだです。

今後も お客さんと じっくり詰めて 話をしながら 車作りを していこうと
考えてます。
[PR]

by mouf-dot | 2011-01-24 11:54 | 作業日誌 |
<< パサート 拘りの1センチ TOP JETTAに リジカラとNEU... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項