Mouf.'s Blog
moufdot.exblog.jp
Top
■ ブレーキKIT のお話
2012年 06月 30日 |
すっかり手が空いてしまってるので 今回はブレーキのお話でもどうでしょうか?
と 言う訳で 少しだけ書いてみますね よろしければご覧ください!



近年ドレスアップでもブレーキを取り付ける方が大変増えてきてますね
ブレーキKITのメーカーさんもたくさん出てきたりと購入側も何がどう違うのか?
とか思ったこともあると思います

基本的にノーマルブレーキは車を購入したうえでスペシャルモデル以外の選択では
ブレーキキャリパーはローターが片側から抑えられて止まる方式が大半です
単純にアフターブレーキとの差はここにあります
アフターブレーキは両側からローターを挟む(抑える)機能となり当然止める力も強くなります
これだけでも摩擦抵抗が大きくなるのはご理解いただけると思います

で 重要なのはここからなんですが アフターブレーキをどのような条件で使用されるかです
基本的に考えがちなのは 値段の高いブレーキを付けたからパニックブレーキでも
当然役目をはたしてくれる  どんな使用をしても高いから100パーセント完璧だ
と思われるかもしれません 事実 僕も思っていたことですので。。。

ここが大きな問題なんです 使用側にも当然知っていただきたいことはあります
見せるだけのブレーキは ちょっと寂しい気がしますよね

何度も話をしましたが最近はパワーばかり上がってブレーキが完全に遅れてるように
感じることが多いです!
高い車なのになんでなの? 
って思うことばかりです。。。
ダストはしっかりでるのに。。。

アフターブレーキを選ぶにあたって 値段が一番気になるかもしれませんが
極端に安いものは細かい配慮が少ないような感じがしますね

大量に生産されていたりコストを抑えるために何かがあるような気がしてなりません。。。
ちゃんとしたデータはあるんだろうか? 
ホイールやライトやエアロじゃないんだよ。。。って心の中で考えてしまいます
これは 僕個人の思いとしてですが。。。

高価な商品ですので慎重に選んでいただきたです 一年ほどでダメだから次!
なんてできるものでもないですもんね

アフターブレーキに組み込まれるパットだって非常に大事なんです
摩擦が大きくなるので熱だって当然増えます

ダストが出なくて何もトラブルが出なくて 凄く効く! こんなパットなんて無理なんです
パットの表面を硬くしてしまうとダストは出にくいですが
ローターへの攻撃が強くなり 熱で変形してしまったり
パットの使用適正温度を超えてしまい表面がながれてしまったりして
ブレーキを踏んだ時に プルプルって振動を感じるようになってしまいます

ブレーキパットも購入時に十分な説明を受けて納得したうえでの
装着として頂いた方がいいかといえます
後のトラブルを避ける為にもです
僕も過去に知識不足における説明不足で お客様にご迷惑をかけてしまった経験が
あるため時間をかけてご説明させていただいております


現在 当店で販売促進させていただいてます STOP TECH ブレーキキットは
ストリートでも自然に対応でき 組み合わせるパットでダストの低減と優しいペダルタッチを
実現できるようになりました!!



初期タッチの激しさは乗りにくさを感じることもありますので ストリートでは奥の方での
効きの良さを重点にパットの選択とブレーキキットの装着をしていただいております
ローターへの攻撃性も少なく大変良いものだと思います!



ブレーキは運転してることで確実に体感できる部分です
だからこそ妥協はしていただきたくない部分でもあります

安心と喜びは 必ず手に入りますので是非ともお考えいただいてみてはどうでしょうか?



長々とお付き合いいただきありがとうございました!

さてと 作業します
ではでは 


他の写真など Mouf.モウフ STOPTECH のページ
[PR]

by mouf-dot | 2012-06-30 12:12 | おしらせ |
<< KELLENERS(ケレナーズ... TOP AUDI A5 SB AUD... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項